葬儀の香典袋の準備

葬儀に香典袋を持参する

トップ

葬儀の際の香典の表書きについて

葬儀の際、香典袋の表書きを薄墨で書く慣習がありますが、これはまだ筆と墨が筆記用具であった時代に訃報を聞いて慌てて来たので墨を磨る時間が十分にありませんでした、または哀しみの涙が硯に落ちて墨が薄まってしまいました、という気持ちを表したものとされています。しかし実際問題としては薄墨で書くことよりも何方からいただいた香典かが分かるように、表書きはフルネームで読みやすい文字で書くことの方が重要です。葬儀の前後は御遺族も慌ただしくされていますので、香典に関して余計なトラブルが起こらないようにする心遣いが必要です。

月極駐車場をお探しなら、このサイトが探すのに便利です。
細かくエリアを指定して探せるので、自宅や仕事場の便利な場所で見つけられますよ。

香典袋を用意する時の注意点

葬儀に参列する際、必要となってくるのが御香典ですが、香典袋の名前の書き方、お札の入れ方にも決まりがあります。まず、お金を用意しますが、紙幣は新札は避けます。お札は向きを揃えて、表が中包みの封筒の表と同じ向きになるように入れます。表に金額を漢数字で書きますが、封筒の裏に金額を書く欄がある場合はそこに記入します。省略すると葬儀を終えた後、喪家の手を煩わせることになるので、住所氏名も忘れずに左下の位置に書きます。袋の表書きは、印刷されているものが多いので書き入れるのは名前部分ですが、フルネームで筆か筆ペンで書きます。裏の折り返しは必ず下向きにします。葬儀に参列する際は、マナーを守って家族の方に失礼の無いようにしましょう。

香典袋の書き方の情報